読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の影におびえて

子供のころに読んだ「怖い話」の中でこんなのがありました。

妖怪変化のいる城へ旅の豪胆な青年が訪れます。妖怪たちは彼を怖がらせて(物理的に傷つけるのはダメとかいうルールだったと思う)降参させて魂を奪おうとします。でも彼は笑って受け流してしまい妖怪たちは全員退散し、青年はその勝利の報酬として城を手に知れました。

ところが数年後、彼は自分の影を戻ってきた妖怪だと見間違え、いくら追い払おうとしても逃げようとしてもついてくるのにおびえて死んでしまう、というオチでした

いや何でそんな青年がそんなおびえ方すんの? と、子供心にも納得がいかなかったのを覚えています。

 

しかしまあ、今この瞬間にありもしない老いや飢えや乾きや難病や強盗や降ってくるかもしれないミサイルに怯えて自分の神経をむしばむのも同じことなのかもしれません。

だからって

「今この瞬間には何も起こっていないんだから、いっさい怯えるな」

と言われてもあまり効果はないでしょう。他人事として聞けばその通りなのですが、いざ自分の身に、死とは程遠いトラブルであっても、平然とはしていられないでしょう。

そんなおびえるのは嫌だ、何が起こっても安心できるように、引き寄せで大金や健康やソウルメイトを手にいれよう、あるいは、この世界は幻であり存在しないという悟りを得て、恐怖なくいきよう、というのが大体のスピリチュアルへの動機ではないでしょうか。

つまり物理的、俗世的に、出世して権力と富を得よう、体を鍛えていいものを食べて老いと死を遠ざけよう、というのと同じことを目指していると言えます。 

同レベルなのに、「自分たちは俗世のギラギラした欲ばりとは違う、精神的に高い人間だ」というプライドがある分、俗物性は上回っているかもしれません。

 

その欲、俗物性、そしてその根底にある恐怖。それを認め、目をそらさずに受け入れていくこと。影から逃げようとしないこと。そのことでしか、影への怯えを乗り越えることはできないのではないでしょうか。