読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアル・パス

スピリチュアルという迂回路、という意味らしいです。

高尚な精神世界を求めているようで、その実はただの現実逃避、ということで、腐るほどありそうです。というか、そういう姿勢の人びとが存在するからこそ、スピリチュアル業界が存続しているとも言えるでしょう。

自分にも心当たりがありすぎます。

「強く願えば叶う」「潜在意識、阿頼耶識にまで届くくらいにしっかりと願望・欲望を描けば、それは現実となっていく」「歴史上の偉人達もこの法則を使って成果をだしてきたのだ、秘密とされてきたけど」

そのての本や講演をずいぶんと経てきました。

で、大金持ちやら知名度やら悟りやらを手に入れたか?

ナッシングです。

人に誇れるほどではないがそれなりの成果と言えるものは、筋トレやらジョギングを続けたことによるそこそこの細マッチョな体系と体力。少しずつというか惰性で続けている貯金、などです。

スピリチュアルは関係ありません。むしろ浪費です、時間とお金の。

そんなものに関わらずに、仕事や人間関係や趣味に打ち込み、試行錯誤している人の方がよほど人生を謳歌し「今ここ」に打ち込み、結果として成果も得ていることでしょう。

それを思うと、自分を責める気持ちが湧き出てきます。もしくは、もっと怪しげなセミナーに浪費し続けている人の話を読んで(幸い周囲にはいませんが、ネットでいくらでも出てきます)「自分はまだまし」と納得させたくもなります。

「責めたい、逃げたい」その気持ちが確かに存在することを認めて、受け入れること。それが今ここでの取り組みになるのでしょう。